株式会社博進紙器製作所

株式会社 博進紙器製作所
Hakushin-shiki seisakusho Corporation

-100年箱屋の夢-
最高級の貼り箱

商品価値を高めます

商品を購入する時、それが大切なものであればあるほどに
それを包むパッケージにも美的センスや機能性を期待するものです。
そうしたパッケージに対する思いに応えるよう、
より上質な仕上がりの貼り箱「フラットサイド」を開発しました。
100年箱屋が夢見た貼り箱。きっと商品本来の価値は高まります。

いつまでも捨て難い箱

いつまでも捨て難い箱

パッケージ自体にデザイン性と機能性があれば、使い終わった後でも捨てられることなく、
インテリアやほかの使い方に利用されることが多いものです。
弊社は、商品メーカー様にそうした「捨て難い箱」をご提案し製造すること、
カタチを変えて商品のブランドがいつまでも残ることが一番のテーマだと考えています。

開くまでの大切な時間を演出

商品を取り出すまでのアプローチは、ワクワク感を演出する大切な時間。
フラットサイドは、外箱と本体の隙間を限りなく密着させ、外箱を持ち上げた時、
ゆっくり中身が見えるような製品に仕上げています。
そして、この大事な隙間を製造するコンマ数mmの精度は完全自動化され、
均一な品質の製品を量産します。

技術の粋を集めた貼り箱

技術の粋を集めた貼り箱

エッジの効いた90度のカド

箱の構造材となる芯材(厚紙)にV字型の溝を掘り、その溝を内側に折り曲げることで、
側面と天面の角を直角の形状にしています。通常の貼り箱は芯材に切り込みを入れ、
外側に折り曲げる工法なので、面と面のつなぎ部分はなだらかな角の仕上りになりますが、
フラットサイドはシャープな90度。紙製とは感じさせない質感を生み出します。

通常の貼り箱
フラットサイド

全て段差のない平滑面

フラットサイドの名前の通り、この製品の大きな特長の一つが全ての面が膨らみのない平滑な面であること。
それは、通常の貼り箱の製造と異なり、4ヵ所の角の側面に「テープ止め」を行わない工法で製造することで実現します。
わずかとはいえ、テープ止めによる段差や跡をなくしたことで、質の高いデザイン表現が可能になります。

通常の貼り箱
フラットサイド

木箱を感じさせる剛性と仕上り

V字型に掘られた2つの溝面どうしを合わせるので、通常の貼り箱の角より剛性が高く、
頑丈になりますが、加えてエッジの効いた90度の角の視覚的効果も加わり、
フラットサイドは木製の箱のようなしっかりした仕上がりになります。

木箱を感じさせる剛性と仕上り
デザインのバリエーションが広がります
  • ISO14001 環境マネジメントシステムの国際規格である
    「ISO14001」の認証を取得しております。
    ISO14001とは
  • プライバシーマーク 個人情報保護に取り組む企業を示す
    「プライバシーマーク」を取得しております。
    プライバシーマーク制度について
  • ジャパンカラー 日本のオフセット枚葉印刷における
    印刷色の標準である「ジャパンカラー2011」
    (標準印刷認証)を取得しております。
    JapanColor認証制度について
ページトップへ戻る